岐阜県の弁護士 古田裕佳トップ >>


ようこそ、弁護士 古田裕佳のブログへ

日々思ったこと、皆様のお役にたてる情報などを書いていきたいと思います。


私が所属する「弁護士法人心 岐阜駅法律事務所」のサイトはこちらです。




面会

昨夜,国選付添人に選任されたので,本日,岐阜市の少年鑑別所まで行ってきました。

本来,28日までしか受け付けしていないとのことでしたが,初回ということで面会できました。

初回であったり,公判の直前であるなど緊急性が高い場合には,土日などであっても弁護士接見や面会が認められることがあります。

とりあえず,年内に少年と会うことができて一安心です。。。

 

 

来年の目標

来年は,時間を有効に使うことを目標に頑張りたいと考えています。

今年も,その時々では時間を有効に使っていたつもりですが,振り返ってみると,無駄にしてしまった部分がよく見えてきます。

一般の仕事と同じように,弁護士業務も限られた時間の中で高いレベルのパフォーマンスが求められます。

振り返ったときに「やりきった」「後悔はない」と思える時間の過ごし方を体験できるよう来年も頑張りたいと思います。

 

加除式

先日,新日本法規の方と話をしました。

新日本法規の書籍には加除式のものが多く見られます。

加除式の書籍では,バインダー式になってたりするので,内容に変更・補正の必要が生じた場合,その該当部分だけを差し替えることができます。

新日本法規では,差し替える「追録」は(有料)となります。

一つ一つの書籍の金額は高いのですが,長期的にみると,通常の書籍をその都度購入するよりも費用を抑えることができたりします。

 

 

2017年の手帳

弁護士だと,業務に用いる手帳として,「弁護士日誌」を採用している先生が多いかと思います。

弁護士日誌では,いつ,どのような事件が,どこの裁判所であることなどを記載できるようになっており,とても利便性がよいです。

毎年,弁護士日誌の外側カバーの色が変わるのですが,2017年度版の色は暗めの藍色となっています。

ちなみに2016年版の色は,こげ茶色です。

がん検診

先日,池袋のとある病院までガン検診に行ってきました。

そこは,ガン活性消滅療法という治療法を用いています。

これは,正常な細胞をガン化するためのエネルギーであるガン活性を早期に発見し,効果的にそれを消滅させる治療法らしいです。

先生によると,日々の食事や運動などにより免疫力を高めておくことがガン活性を予防するにあたり大切であるとのことでした。

その話を聞いてから,毎日寝る前にスクワットを行ったり,バランスよい食事を心がけたりしています。

弁護士が身体を壊しても,抱えている案件は待ってくれません。

他の先生に引き継いでもらう場合にはその先生に多大な迷惑をかけてしまいます。

永く健康的でいられるよう,現時点から気を付けなければとならないと強く思った日でした。

 

高山支部

今度,ある案件で岐阜地裁高山支部に行ってきます。

電車で片道2時間以上かかります。

弁護士業務のために購入したけどなかなか読めなかった本があったので,この機会に読んでおこうと思います。

 

 

交通関係訴訟の実務

平成28年9月に「交通関係訴訟の実務」という書籍が出ました。

はしがきによると,弁護士のみならず,東京地裁民事第27部に在籍した経験を有する裁判官らも執筆されているとのことです。

裁判官が執筆されている書籍は特に重要度が高いので,しっかり内容を吸収したいと思います。

寝る前のスマホ

仕事柄,書面作成をすることが多く,長時間集中すればとても目が疲れます。

目のつかれを回復するためにはよい睡眠をとるのがよいと言われています。

少し前,就寝前に長時間スマホを操作していたせいか,目の疲れがひどく,ときには頭痛を伴うこともありました。

ネットで調べてみると,厚生労働省健康局が健康な睡眠の指針として,就寝後のスマホ利用には注意が必要と警鐘が鳴らされているそうです。

どうやら睡眠に関するホルモンであるメラトニンの分泌量が抑制されてしまうようです。

最近は就寝前の利用はなるべき控えるようにし,かつ,以前より睡眠時間を長くとるようにしたところ,症状は落ち着いてきました。

日常生活の何気ない行動が身体に不調をもたらすことを身をもって知りました。

皆さんも普段から健康に気を付けてください。

 

拘置所における接見時間

法務省のページに,拘置所等の面会時間が表示されています。

岐阜拘置支所の場合,8:30~11:30,12:30~1600が一般面会の時間とされています。

弁護士による場合には,~17:00まで接見を行うことができます。

ただし,公判期日の直前など特別な事情がある場合,上記時間外であっても接見することができます。

接見時間の指定がない留置場での接見とは異なるので,注意が必要です。

 

治療薬

大分前に,「今日の治療薬2016」を購入しました。

交通事故では,争点によって,医師が処方した薬剤の名称,効能・効果も重要な事実として主張することがあるからです。

現状,名古屋駅の三省堂まで行かないと購入できないので,岐阜にも大きな書店ができてほしいと本当に思います・・・。

 

 

前へ 1234567891011

関連リンク集 目次   
相互リンク集 目次