岐阜県の弁護士 古田裕佳トップ >> >> 証拠を保全しておくこと

証拠を保全しておくこと

交通事故では、事故状況が争いになることが少なくありません。

ドライブレコーダーを搭載することは、いざ事故にあったときの証拠となるので効果的といえます。

ドライブレコーダーを搭載している場合には、早期にデータを保存しておく必要があります。

上書きされてしまった結果、証拠として使えなくなるということもあるので注意しましょう。

また、コンビニ等の駐車場の事故である場合、防犯カメラに状況が映っている場合があります。

店舗がただちには開示に応じない場合もありますが、データの保存期間が短いので、まずは、当該データを保存しておくよう申し入れておく必要があります。