岐阜県の弁護士 古田裕佳トップ >> >> 改正道路交通法の施行

改正道路交通法の施行

令和元年12月1日より,改正道路交通法が施行されます。

改正のポイントは,いわゆるながら運転に対する罰則等の強化です。

「保持」すなわち,携帯電話等を使用し,手に保持し画面を表示して注視した場合については,

例えば,5万円以下の罰金であったのが,6か月以下の懲役又は10万円以下の罰金となり,

また,基礎点数が1点であったのが3点となります。

「交通の危険」すなわち,携帯電話等の使用により,交通の危険を生じさせる場合には,

例えば,3月以下の懲役又は5年以下の罰金であったのが,1年以下の懲役又は30万円以下の罰金となり,

また,基礎点数が2点であったのが,6点となります。

このように,保持における罰則に懲役刑が加わったり,保持・交通の危険における基礎点数が3倍となるなど,大幅な強化といえます。

警察庁のHPによると,改正の背景には次のようなものが考えられます。

①携帯電話使用等に係る交通事故件数が過去5年間で約1.4倍に増加

②自動車は短時間のうちに相当距離進むため危険

(例えば,画像を2秒間注視した場合,その間に時速40㎞なら約22.2m進む)

③警察の取り締まりのうち,運転中の携帯電話使用等が14%を占めるほど多い(平成30年度中の割合)。

岐阜では,自動車は移動手段として欠かせないものといえますが,運転する際には,あらためて十分注意する必要がありますね。