岐阜県の弁護士 古田裕佳トップ >> >> 新車特約

新車特約

新車特約とは,車両が全損または半損(新価保険金額の50%以上)となった場合に,新車購入費を補償する特約です。

交通事故により,車両損害が生じて経済的全損となった場合,通常,加害者が対物保険を利用したり,被害者が自身の車両保険を利用することが考えられます。

対物保険では,車両損害を事故当時の時価額により評価するため,初度登録からの経過年数により,時価額は低くなります。

車両保険では,契約締結時に定められた協定保険価格が支払限度額とされ,この協定保険価格は保険契約の更新のたびに下がるため,通常,経過年数によって受け取れる車両保険金は低くなります。

これらのことは,事故車が新車の場合にも当てはまるのですが,ご自身の保険において新車特約に加入していれば,新車時の価格(新価保険金額)を上限として補償してもらうことができます。

例えば,200万円の新車を購入し,同額の新価保険金額が設定された場合,

車両保険では,初度登録1年目の車両保険金200万,2年目160万円などと保険金額が下がるため,初度登録2年目に事故に遭った場合,160万円を限度として車両保険金が支払われるにとどまります。

しかし,新車特約を利用した場合には,新価保険金額である200万円の支払いを受けることができます。

新車特約の適用には,全損または半損である必要があったり,車両盗難の場合には適用外であったり,特約利用により3等級ダウンするなど,ご利用の際には考慮すべき点がありますので,詳細は,加入される保険会社にご確認いただければと思います。

ところで,令和元年11月10日(日)に,自衛隊の岐阜基地にて航空祭が行われます。

岐阜基地でしか見られない異機種大編隊飛行というものが魅力のようです。

また,Fー15,Fー4,Fー2の実物も見ることができます。

興味のある方は行かれてみてはいかがでしょうか。